PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

他人に気を遣い過ぎ「空気」のように生きる引きこもり30代男性の悶え

空気のような男性が自分を
「引きこもり」だと気付いた瞬間

「引きこもりって、話すのが苦手で、言葉がない。名前が付かないと、自分の存在を表すことさえできないんです」

長年“空気”のように周囲を気遣いながら生きてきたという地方在住のAさん(30歳代)は、そんな“自分って、いったい何なんだろう”と考え続ける。

「“引きこもり”で検索したら、やっと自分の状態と同じであることがわかった。今、そこに、立ち位置があるみたいですけど……」

Aさんとは手紙やメールでのやりとりを経て、お会いすることになった。大学を中退後、10年あまり仕事をしていない。

「会うことに矛盾を感じる。家の外で人と会ったらもう引きこもりじゃないし。でも、それで引きこもりじゃなくなるならいいですね」

待ち合わせした駅の改札口でAさんに声をかけられ、例によってカラオケボックスに入って話を聞いた。

平日の昼間だというのに、店内は満席状態のようで、隣の部屋からは70~80年代頃に流行った歌謡曲を熱唱する男性の声が、時々聞こえてくる。

引きこもり傾向のある人は、どちらかというと、他人の気持ちがわかり過ぎてしまうので、気遣いし過ぎて人付き合いに疲れてしまうタイプの人が多い。Aさんも、相手に気を遣っているように見せない気遣いを、身体にインプットしてしまっているという。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。
24時間対応しております。
引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。
社会復帰支援センター
東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F
TEL0120-105-605
FAX03-6450-1774
mail<info@sfss.jp>



社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口