PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

父親との口論で逮捕され閉鎖病棟へ、40代「引きこもり男性」の悲嘆

バイト先から帰宅すると アパートの横に不審な車が……?

会社で事務職のアルバイトをしていた40歳代のAさんは、午後3時頃、バイト先から1人暮らしのアパートに帰宅すると、建物の横に不審な車が停まっているのを見つけた。

直感的に、Aさんは「何か良からぬことで自分が関係しているような身の危険」を感じ、部屋に帰った後、「怪しい車がいる」と警察に通報した。

30分くらいして現れた交番の警察官は「同業者の人だよ」と言って、「とりあえず話を聞いてください」と、車のほうに誘導した。“怪しい車”は、警察の車両だった。

車内には4人の刑事がいて、車に乗り込むと逮捕状を見せられた。手錠をかけられ、腰回りにヒモを付けられた。罪状は脅迫罪だった。

どういうことなのかと質問しても、刑事は「捜査中だから詳しくは言えない」と口をつぐんだ。

心当たりはあった。前日の夜、70歳代の父親から電話があったとき、口論になり、最後にかけ直して「今から殺しに行くよ」と暴言を吐いてしまったことだ。もちろん本心でそう思っていたわけではなく、売り言葉に買い言葉のような流れの中で出てきた言葉だったという。実際、そう電話した翌日もバイトに行っていた。

ただ、長らく父親とは連絡を取っていなかった。たまたま最近、実家に帰る機会があり、実家のルーツである大事なものを自分の知らないうちに移転させていたことを知った。その怒りが暴言の背景にあった。

父親は、当時の電話での発言を録音していたらしい。それでも、父に電話したのはそのときだけだった。

「一番驚いたのは、それだけの証拠で逮捕できちゃうんだってことです。日本の警察は」

 なんで裁判所名の逮捕状が出ているのか、疑問が残った。警察署に着くと、簡単な取り調べが行われた。そういう発言をしたのかどうかを重点的に聞かれた。

翌日の本格的な取り調べでは、振り返れば、当時は興奮状態にあって、ハッキリ何を言ったかまでは覚えていないものの、そういうニュアンスのことを言ってしまった可能性があると話した。

「こうして池上さんに連絡したのは、精神疾患を持っていて、引きこもりをしていた自分のような人たちの声を吸い上げていただき、皆にも知ってもらいたかったからです」

● 双極性障害で引きこもり まさか「脅迫罪で逮捕」なんて

Aさんはもともと、双極性障害の疾患が原因で、元々の仕事を辞めて引きこもっていた。父親には、双極性障害のことやその怖さなどをもっと理解してもらいたかった。

今回の逮捕後、翌日の昼には医療保護入院の手続きが取られ、閉鎖病棟の隔離室に入れられたという。職場は、病気を隠していたことが入院の長期化によって知られることとなり、解雇された。

「脅迫罪で逮捕状って、テレビのドラマなどではよく聞きますが、まさか自分の身に降りかかり、こうして何もできなくなるとは……。何も行動していないのに、電話をしたという事実だけで、身柄拘束されるのは怖いなと思いました」

若い頃に母親を病気で亡くしたAさんは、普段から父親とのコミュニケーションがなく、電話でやりとりすること自体、珍しかった。

「今も父とは連絡が取れなくて、困っている状況です」

きっかけは、最初に就職して働いているとき、うつの症状が出始めた。当初は「うつ」と診断され、薬を飲んでていたが、入院後に「双極性障害」であることがわかった。結局、仕事を辞めざるを得なくなったため、退院後に引きこもった。しかし、引きこもっているうちに、このままではいけないと思うようになり、再びアルバイトで事務の仕事を始めたところだった。

父から仕送りを止められ、職もなし 退院後どうやって暮らせばいいのか?

今も医療保護入院中のAさんがこれから退院できるかどうかは、基本的に父親の同意が必要になる。高齢の父親は、Aさんとは関わりたくないというスタンスを取っているため、こうした入退院などの同意の必要性から、成年後見人制度を申請するべきかどうかを検討している。

かなり昔、口論となって父親の身体を押さえつけたことがあった。その頃から、父親のほうでも、何かあったら警察に被害届を出す話になっていたのかもしれないと考える。

逮捕されるまでは毎月、父親からの仕送りと双極性障害の障害年金やバイト代などによって、アパートの家賃や光熱費などを支払い、生活してきた。しかしこれから先は、もう父親を頼ることはできない。

「引きこもったのも、うつになったからです。うつの背景にある双極性障害という病気のことがあまり知られていない。もう少し周囲の理解やサポートがあれば、と思うのです」

そうAさんは訴える。

退院後、どのように生きていけばいいのか、まだ白紙の状態だという。

「この歳で、新たな仕事を探すのも大変ですし……。近々選挙があるみたいですけど、この現状では政治を見る余裕もないです」

これからのことをあれこれと模索し続けるものの、先は見えない状況だ。

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。
24時間対応しております。
引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。
社会復帰支援センター
東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F
TEL0120-105-605
FAX03-6450-1774
mail<info@sfss.jp>



社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口