PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

外に出ることの恐怖

私は10代後半から20代にかけて、家の外に出ることを恐れた時期が長くあった。
教育上のマイノリティにされたために社会との関係は極めて悪く、学校の教師やサポートセンターの職員との不和もあった。傷つけられることが多く、「外」のすべてが 私にとって立ち入るべきでない危険地帯だった。

外出そのものができない「閉じこもり」ではなかったが、ドアを開けるまでに半日かかるくらいの覚悟を要したし、自分の外見がおかしくないか、くり返し鏡を見ては髪や服装を確認していた。

 

めったに起こらない危険と感じる出来事を「事件」と言っていいなら、「他人と目が合うこと」や「他人と会話すること」は当時の私には事件だった。

車がこなかったとしても、誰であれ信号が赤の道路を渡る時には「道を歩く」意識を強めるだろう。
しかし私には平凡な歩道を行くすべての瞬間が、赤信号の横断中みたいな小さな過誤を犯している気分だった。
歩いている最中にずっと小さな悪や不適切さが自分に含まれていて、人からどのように見られているか、またはなにか自分に関わる恥辱的なことが発覚するのではないかとおそれていた。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。
24時間対応しております。
引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。
社会復帰支援センター
東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F
TEL0120-105-605
FAX03-6450-1774
mail<info@sfss.jp>



社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口