PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

「ひきこもり主婦」 になるかも!? よくある原因と抜け出し方

ひきこもり主婦って一体なに? 近年では、この「ひきこもり状態になる主婦」が一種の社会問題化しているのです。主婦の無気力について、解説していきます。
ひきこもり主婦の可能性?

ひきこもり主婦という言葉を知っていますか? 文字通り「ひきこもり状態」に陥っている主婦のことです。実は主婦の無気力が30代〜50代にかけて深刻化していると言われているのです。一体どういうことなのでしょうか? 今回はこの社会現象でもある「ひきこもり主婦」について解説していきます。
ひきこもり主婦とは現在では、30代〜50代と、高齢層のひきこもりも増えており、家庭の主婦がひきこもりになるケースも問題化しています。
ひきこもり主婦になる原因主婦がひきこもりになるケースは、スタートは経済的な問題であることが少なくありません。専業主婦は、自分が働いていないという意識が強い分、節約に励もうという傾向があります。そして、夫や子どものこと以上に、自身のことを節約する傾向があります。メイクやファッションにも無気力になり、引きこもりがちになってしまうことも。

また、中年期にひきこもりになる方に多く見られるのが、思春期の自分の親子関係を引きずっているパターンです。親からの精神的な自立ができておらず、その親子関係を、現在の自分の家庭に投影してしまい、うまく向きあうことができなくなってしまっているということもあります。
ひきこもり主婦のケースひきこもりになる主婦にはいくつかのケースがあります。子どもの有無だけでなく、子どもがいる場合、年齢によっても状態が異なってきます。
子どもアリのひきこもり主婦ひきこもり主婦のパターンを分けると、子どもがいる場合といない場合では、原因をはじめ、さまざまな違いがあります。

子どもありの主婦がひきこもりになる原因には、出産がかかわる場合も多くあります。出産後に体調不良になったり、いわゆる産後うつになったりと心身が不調になり、外に出る気力が失われてというパターンです。出産で体型が変わってしまい自信がなくなり、といったことも関係します。

子育て中の人間関係、とくにママ友とのトラブルが原因でひきこもりになってしまうケースもあります。子育てが終わり、ほっと一息つきつき安心した反面、気が抜けて無気力になり、ひきこもりになってしまう場合もあります。
子どもナシのひきこもり主婦子どもがいない主婦の場合、孤独感を原因として、ひきこもりになるケースが多くあります。結婚して変わった新しい生活環境に馴染めなかったり、結婚を契機に仕事を辞めたことが自信喪失や、社会に対する苦手意識に繋がってしまったり。そういった精神の不安定さを旦那さんに理解してもらえなかった場合、一気に状況が悪化するケースが少なくありません。
30〜50代のひきこもり主婦年代別にひきこもり主婦の主な特徴を見てみましょう。

・30代…新たな地域のコミュニティーに馴染めずにひきこもりになる主婦が多いようです。

・40代…子どもの進学の悩み、親の介護の問題など、家庭の問題が多くなり、そこに更年期障害の症状がくわわり、精神的なバランスを崩して、ひきこもりになるケースが多いようです。

・50代…子どもの手が離れ、夫の退職が近づき……といった、ぼんやりとした人生の不安が原因となり、ひきこもりになっていく方が多い傾向です。
ひきこもり主婦を脱出するには?

人と接することなく家に閉じこもっている、ひきこもり。つらく苦しいですが、家族のためにもいい状態ではありません。どのようにすればよいか、見ていきましょう。

身近な目標を考えてみよう自分の位置や人生の方向性を見失って、ひきこもりになってしまう方が多いです。まずは自分がいま何をしたいのかを、じっくりと考えてみましょう。そして生活の目標を見つけましょう。手の届かない難しい目標を立てると、そこからまた自信を失ってしまいがちです。

目標は、なるべく小さなことから設定するのが望ましいです。最初は「毎日○時に起きる」などと、本当にささいなことでもかまいません。自分のペースで進めていきましょう。
話相手を見つけて会話を楽しもう長い間、会話をする相手が夫しかおらず、その夫とも心のすれ違いを感じる……。ひきこもり主婦に多いパターンです。家の中でしか会話がないという状態は、ひきこもりを固定化する原因となります。話し相手が見つからない場合は、ネット上での関係でも心の支えになり、外へ気持ちが向かう手助けになる場合があります。SNSなどを使って、話し相手を見つけるのもひきこもり主婦を脱出するひとつの手です。

体を動かしてスッキリしよう運動不足は、どんどんと出不精になる原因。まずは、家の中でいいので、身体を動かすように心がけましょう。テレビを観ながら体操したり、音楽をかけながらヨガをしたり。そして少し身体が慣れたら、大きめの公園を目指してウォーキングの習慣をつけるのもいいかもしれません。運動は、生活リズムを自然に作る糸口となります。

まとめひきこもりを脱出する出口は、意外と身の回りにあるものです。あくまでも、焦ったりするのはNG。無理をせずゆっくりと一歩一歩、できることから初めていきましょう。

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。
24時間対応しております。
引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター
東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605
FAX03-6450-1774
mail<info@sfss.jp>



社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口