PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

引きこもり長期化にも見える「いじめ後遺症」の呪縛

「中高年引きこもり」の一因は

「いじめ後遺症」ではないか?

 

いじめが終わっても、心の傷は消えない。そうした「いじめ後遺症」と、その後に続く「引きこもり」状態との因果関係も指摘されている。

 

「学校という閉鎖的環境では、一般社会と違った秩序が生じる。その閉じられた秩序の中では、犯罪を起こしてはいけないルールよりも、その場のノリを乱してはいけない空気のほうが、はるかに優先される。しかも、逃げることができない」

 

そう説明するのは、千葉県南房総市に住む斉藤潤さん(38歳)。「いじめは、尊厳の破壊をもたらすため、一度人生をつまずいてしまった人は、なかなか立ち上がれなくなる」と指摘する。

 

斉藤さんがいじめられていたのは、小学校2年のときから5年間にわたる。

 

その間、いじめられたはずみで、学校から走って逃げ帰ったこともあった。すぐに教師が迎えに来て連れ戻されたが、「何があったの?」と事情を聞かれることはなかった。

 

まだ1980年代の頃のことだ。当時「不登校」という言葉はなく、学校は行かなければいけないものだと思い込んでいた。

 

「長期にわたって無理やり通って耐え続けるというのは、ものすごくエネルギーを使うことだったんです」

 

「こっちに近づくな」などとからかわれるような、大したいじめの内容ではなくても、長期化すると「効果てきめんだった」と振り返る。

 

10代後半になって、外を歩いていたら、通りがかりの見知らぬグループが、自分を嘲笑しているように思えた。それでも、当時は「引きこもる」という選択肢があることも知らず、無理矢理外に出ようと頑張り続けた。

 

いじめに遭っているとき、周囲の大人は家族を含めて誰も助けてくれなかった。その出来事は昔のことであると割り切り、都内で仕事も見つけて、一度は実家から独立することができた。しかし、職場でのトラブルによるストレスでうつ病にかかり、仕事を続けることができなくなった。

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。
24時間対応しております。
引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター
東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605
FAX03-6450-1774
mail<info@sfss.jp>



社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口