PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

無職の中年めぐる殺傷事件

仕事しろ!と叱った父親を包丁で刺して死亡させたとして、神奈川県在住の無職の男が県警に逮捕された。いま、無職の中年をめぐる殺傷事件が相次いでいる。

「日ごろから仕事をするよう言われて恨んでおり、いなくなればいいと思った。」

新聞各紙によると、逮捕された容疑者は、県警の調べに対し、こう供述したという。

行政への引きこもり相談は40代が最多

男は、母親も含めて3人暮らしで、2017年4月3日に居間でテレビを見ていた父親の背中を包丁で1回刺したとして、殺人未遂の疑いで翌日に緊急逮捕された。このとき母親は入浴中だった。

父親は、藤沢市内の病院に搬送されたが死亡が確認された。藤沢北署では、殺人の疑いに切り替えて捜査している。自宅近くの警察署に自首した男は、包丁は2年ほど前に購入し、いずれ刺そうと思ったとも供述しているという。男は、生活保護を受けておらず、父親の年金などで暮らしていた。

 

最近、職のない中年が親を刺すなどする悲惨な事件が、度々報じられている。

熊本市内では3月末、無職の男が父親を刺したとして殺人未遂の現行犯で逮捕された。逆に、親が刺すなどする事件も多く、秋田市内で4月5日、父親が40代の息子を刺したとして同じ現行犯で逮捕されている。

今回逮捕された男については、就職活動もしない引きこもりかどうかは不明だが、40代以上で引きこもるケースは社会問題になっている…。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>



社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口