PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

母を「お前」 親子関係いびつに

ひきこもりが長期化し、年老いた親が子どもを支えきれなくなっている。「80代の親と50代の子」を意味する「8050問題」は福井県内でも進行しつつある。ある家族は「何とかしようと先を考えるより、現状のまま諦めた方が心が安らぐ」と打ち明ける。ひきこもりは家庭で起きている問題だけに、第三者の支援が届きにくい現状もある。

KHJ全国ひきこもり家族会連合会の調査によると、2005年のひきこもりの平均年齢は28・1歳で平均期間は7・5年だったが、16年は32・7歳で10・8年。ひきこもりの長期化、高年齢化が進んでいるとみられる。40歳以上のひきこもりでは、平均期間は22年以上に及んだ。

長期化は、いびつな親子関係の固定化につながる傾向にある。20年以上ひきこもっている福井市の男性は母親を「お前」と呼ぶ。親が薦める大学に進んだことをたびたび持ち出し「お前のせいで、俺の人生が台無しになった」となじる。第三者が介入したこともあるが、とん挫した。

ひきこもりによって両親への依存が高くなり、日常生活を送る力がなくなる人もいる。福井市の就労支援事業所のスタッフは「入浴の際、親に体を洗ってもらう人もいる。高年齢のひきこもりを支えているのは生活保護、障害者年金、親の財産の三つ。どれかが欠けると、坂を転がるように困窮する」と指摘する。

家族の悩みも深刻だ。県内の70代男性は「家族を救う道筋は見えない。現状のままで諦めた方が心が安らぐ」。70代女性は、減り続ける預金通帳の残高を見ながら「親が責任をいつまで負うことができるのか」と不安を口にする。

県ひきこもり地域支援センターへの相談件数は14年度は362件だったが、16年度は683件とほぼ倍増。ただ、支援の手を差し伸べにくい現状もある。福井市のある民生委員は「担当地区にはひきこもりの人が何人もいる。でも、家庭の問題なので足を踏み入れられない」。ある関係者は「ひきこもりの支援は年単位。定期的に人事異動がある行政では無理」と打ち明ける。

KHJの報告書では8050問題を「社会的に可視化され始めた」と位置付け「いったん経済問題や健康問題が生じれば、一家全体が困窮に陥る世帯が多数隠れていると考えられる。社会的認識の落差や、家族内の人間関係の力学にも配慮した支援が求められている」と指摘している。

ひきこもりの家族を持つ70代男性は「ひきこもりは、僕ら老人がつくってきた社会の犠牲者でもあると思う。何とか社会全体で救ってほしい」と祈るように訴えた。

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。
24時間対応しております。
引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター
東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605
FAX03-6450-1774
mail<info@sfss.jp>



社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口