PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

親の老後や同級生の話題は「地雷」 ひきこもり考える講演

引きこもりの人に対して、家族ができることを考えるための講演会が24日、大津市御陵町の市役所であった。若者らの支援に取り組んでいる田中俊英さん(53)がこれまでの取り組みなどを話し、市民や県内の支援団体の関係者ら約150人が聞き入った。

田中さんは一般社団法人「officeドーナツトーク」(大阪市阿倍野区)の代表で、子どもや若者の支援に力を入れている。講演では、引きこもりの子に親が接するとき、仕事や学校、将来のこと、親の老後や死、近所の同級生の話題を触れてはいけない「地雷」と表現し、「こうした話題を避けて親子間で会話を増やさないといけない」などと話した。

内閣府の2015年の調査によると、引きこもりの人数は全国で約54万人、大津市で約1450人と推計されている。同市では昨年10月に「子ども・若者総合相談窓口」を設置し、引きこもりの問題解決へ向けた支援を始めている。

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。
24時間対応しております。
引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター
東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605
FAX03-6450-1774
mail<info@sfss.jp>



社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口