PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

相談例


相談例1

母 (自営業)

今年24歳になる息子がいます。

大学卒業後、中堅メーカーに就職し営業課に配属されたのですが同僚との競争や上司との人間関係を上手くこなせず会社を休む事が徐々に増えていき、休職扱いとなり、最終的にクビになってしまいました。
それからは自宅(実家)を外出する事もなく一人で部屋に閉じこもり、私達と会話をする事も一緒に食事をする事もなくなってしまい、今に至ります。
かれこれ二年近く、まともに接していないので息子の将来が非常に心配です。

 

<回答>

ご両親からご依頼をいただき実際にサポートさせていただいた実例になります。

都内での寮生活が始まってから、最初は生活に慣れるためにスタッフと外へ出掛けることから始めました。寮の近くの公園やスーパーへ行き、少しずつ都内での生活に慣れてきた頃からスポーツジムへ通い、体を動かしながら体力作りも行いました。センターへ来た当初はスタッフともほとんど口を利かない状態でしたが、毎日顔を合わせてコミュニケーションをとり一緒に行動することによって今では彼の方からも積極的に話をしてくれるようになりました。

仕事面では機械工場に採用が決まり、上手くやっていけるのかとても不安そうでしたが何かあったときにはスタッフが話を聞いたり、一緒に気分転換に食事に行ったりもしました。

彼は当センターを卒業して、現在も機械工場に勤めています。時々スタッフと電話で話をしたり食事へ行き、他愛もない話をしながら今でも繋がりをもっています。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例2

妹 (会社員)

今現在27歳の私の姉の事になるのですが4年間同棲していた婚約者との破局が原因で実家に戻って来てからは、勤めていた会社に行く事もなくなり完全にひきこもってしまいました。
再就職の意思もないようで、就職活動もしていません。
実家に戻って来た当初は私に相談してくれたりもしたのですが今では私や両親との接触はほぼ無くなってしまいました。私たち家族には解決する力はなく、両親はこのままずっと面倒をみていくのだと諦めてしまいました。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

一度お電話にて詳しいお話をお聞かせいただけますでしょうか?

当センターでの相談電話は24時間365日受け付けておりますので、ご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

 

相談例3

母 (専業主婦)

33歳の息子の事です。
高校2年生の時に学校でいじめられてから登校拒否になり、しばらくしてから中退してしまいました。それ以来家族以外には、社会との関わりをもたなくなってしまいました。現在は昼夜逆転生活もしています。
病院に行った際に、うつ病と診断され投薬処置をされましたが、いまだに改善できず、行政の支援団体でもセミナーに参加するだけで本人の根本的な改善は出来ないままです。最近は言葉を掛けるだけで暴力をふるうようになり、私のほうでは手に負えません。

 

<回答>

お母様からご依頼をいただき、実際にサポートさせていただいた事例になります。

東京での寮生活がスタートしてからは、まずは昼夜逆転生活を改善するために午前中から活動をするよう心掛けていきました。寮の近くにあるスポーツジムへ行って体を動かしたり、都内で買い物をしたりもしました。そこから少しずつ彼とスタッフとの仲が深まっていき、様々な話しをする中で「一度も働いたことが無いから、はたらくなら製造業など裏の仕事をしたい。」という彼の要望もあったので、製造業の中でもどこで働きたいかを一緒に調べていきました。面接前日まで何度も面接練習を積み重ねて行いました。

今は当センターを卒業し、食品製造業で働いています。現在、彼は都内で一人暮らしをしていますが、時々スタッフと連絡を取っており仕事の悩みや他愛もない話しをしながら、日々過ごしています。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例4

夫 (会社員)

38歳の妻のことなのですが、運動不足とアルコールの多量摂取が原因で肥満体系になり、職場でいじめられるようになり自室にひきこもるようになって3年がたちます。
家族や病院などの支援もあり、最初は本人も頑張っていたのですが、次第に努力は続かなくなり部屋を出るのはトイレと月に何度かのお風呂だけとなってしまいました。
NPO団体にも何度か通いましたが具体的な解決策はなく今に至ります。私も仕事があるので、正直面倒をみきれず両親は共に還暦を過ぎているので家族全員が不安で仕方ありません。

 

<回答>

旦那様からご依頼をお受けし、実際にサポートさせていただいた事例になります。

東京での寮生活が始まり、環境が変化した生活に慣れることから始めていきました。寮の周辺に何があるかの確認も含めた散歩の他にもトレーニングジムへ通い、少しずつ体力をつけていきました。食事は出来るだけ自炊を心がけ、調理スタッフの指導のもと、栄養が偏らないバランスの摂れた料理をメインにしました。

仕事の面では彼女の希望もあり、飲食店のホールスタッフへいくつか応募をしました。面接練習も日々行い、後日採用の連絡をいただきました。彼女は現在、当センターを卒業して実家から職場へ通っています。時々スタッフと電話をする際に仕事の愚痴なども吐いていますが、毎日休まずに出勤しているとのことです。

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例5

母 (専業主婦)

現在41歳の息子がいるのですが高校生の時に登校拒否になり、現在に至るまでコンビニに行く以外は家にひきこもっています。
就職をしようにも対人恐怖症が影響し職に就く事ができません。ここ10年くらいは私たち夫婦との会話もほとんどありません。本人の為にと思い、何か言葉をかければ物に当たったり、激しい暴言を浴びせてきます。
私たちは、息子が家から出て社会人としての自立を切実に願う次第です。

 

<回答>

ご両親からご依頼をお受けし、実際にサポートさせていただいた事例になります。

東京での1人暮らしが始まってから、環境に慣れるために寮周辺を散歩したり、近場のショッピングセンターへ行って買い物をしたりしました。家では自炊を心掛け、調理スタッフの指導のもとで簡単な料理から覚えていきました。料理をする時間の中で少しずつスタッフと彼の距離も縮まっていき、本音で話しを打ち明けてくれるようになりました。

仕事の面では「いきなり外に出て仕事をするのは怖いし不安だ。」と、スタッフに相談していたので当センターが提携している職場を紹介し、現在は軽作業の社員として働いています。現在は慣れるまで1日4時間労働だったのですが、今後はもう少し労働時間を増やしたいと話しており、来月からは1日8時間就労することが決まりました。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例6

母 (専業主婦)

35歳の長女がいます。
20歳の頃にアルバイト先でいじめられそれ以来、人と関わることを避けるようになりました。22歳頃からは、希望する就職先も見つからず次第に外出することもなくなり、ここ10年くらいはほとんどひきこもりの状態です。私たち夫婦とは普通に会話はするのですが部屋に入ろうとしたり、部屋から出そうとすると人が変わったように物を投げつけてきたり暴れだします。
こんな娘ですが、一日も早く社会復帰させたいと思っています。

 

<回答>

彼女は当センターで実際にサポートさせていただきました。

まずは都内での一人暮らしに慣れるために、スタッフの指導のもとで家事全般を覚えていただきました。一緒にスーパーへ食材の買い出しへ行き、一日三食の自炊を心掛けていただきました。

本人も自炊を頑張ってみたいと言っていたので調理担当スタッフが料理を教え、最初は簡単に調理出来るものから教えていきました。

卒業する頃には「様々な種類の料理が出来るようになった!」と、嬉しそうに話していました。

彼女は今、食品工場で働いています。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例7

母 (保育士)

今年23歳になる娘がいます。
大学を卒業して一度は就職したのですが、1ヶ月で仕事を辞めて自宅に立てこもってしまい、私たち夫婦が自宅から締め出されてしまいました。大学を卒業するまでは、ごく普通の生活で、成績も優秀で学生時代からいわゆる優等生タイプで、根は優しい子です。今は自分の感情のコントロールもできず、私たちに暴言を吐くようになり、時には突発的に自傷行為に走ったりもします。
以前の優しい娘に戻って欲しいです。

 

<回答>

彼女は当センターに来てから、ある日スタッフに「就職活動はしたいと思っているけど、自信が無い」と悩みを打ち明けてくれました。

そこでスタッフの指導のもと、自信をもって面接をしに行ける状態になるまで、毎日面接練習を行いました。質問に対する答え方や姿勢・声の大きさなど細かいところも徹底して練習をしました。また、表情も笑顔で受け答えができるよう、日々努力しました。

彼女は無事に面接を受けた会社から採用の連絡をいただき、現在は飲食店のホールスタッフで働いています。

スタッフが時々連絡をすると、仕事の愚痴を言いながらも毎日休まず頑張っていると元気に話していました。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例8

妹 (学生)

24歳になる兄の事ですが中学の時からずっと不登校で引きこもり状態です。
対人恐怖症・自立神経失調障害などいくつかの精神病を患っています。妹の私と次男も小さい頃から些細な事で暴力を受けており、時には殺されてしまうのではないかと思うほど殴られたり首を絞められる事もあって、兄を憎んでいます。
今現在、次男は家を出てしまったので毎日怯えて暮らしています。
最近は金銭の要求が過激になってきて何かにつけて「お金をよこせ」と言ってきます。家の中もぐちゃぐちゃです。
怖くて逃げ出してしまいたいです。助けてください。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

1度ご都合の良い日時にお電話で詳細をお聞かせいただければと思います。

当センターでの相談電話は24時間365日、無料で受け付けておりますのでご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

 

相談例9

母 (パート)

27歳の長男の事で相談です。
高校を1ヶ月で辞めてから、ずっと引きこもってます。アルバイトもしましたが、人間関係がうまくいかないみたいで直ぐに辞めてしまい、本人いわく対人恐怖症だと言っています。小さい時から主人とは関係が良くなく私が相談をしても「そのうち働くだろう」と言って無関心です。
私も、相談相手がいないので、精神的に参ってしまっています。

 

<回答>

彼は実際に当センターで支援をさせて頂きました。

まだ一度も働いたことが無く、東京で仕事をすることに不安をもっていたので、まずは東京での生活に慣れることから始めていきました。実家を離れて寮に入り、スタッフと毎日様々な場所へ出掛けることによって、1ヶ月が経った頃には彼とスタッフの距離も縮まっていました。彼は大学を卒業してから医療事務員になりたかったという思いもあったので、面接練習を徹底し、あらためて医療事務員を目指すことに決めました。面接を受けた企業で彼は医療事務員の試験・面接に合格し、現在は当センターを卒業して医療事務員として働いています。

 

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例10

父 (会社員)

19歳の息子の父ですが息子が去年の夏から引きこもりっきりです。
大学のクラブ活動が主な原因と思われるのですが分離不安・若干の家庭内暴力(母に対し物を投げる)があります。
妻は息子が中学2年の時に発達障害と診断されてからは、鬱病を発症してしまい、息子に対しては全く怒ることが無くなりました。
高校時代までは友達も多く活発だったので、なんとか復学してもらいたいのですがどうしたら良いのか教えてください。

 

<回答>

彼は実際に当センターでサポートをさせて頂きました。

就労した経験もないとのことだったので、まずはボランティア活動に参加しました。スタッフと一緒に都内のゴミ拾いや施設の清掃活動を行い、最初はなかなか会話のキャッチボールが出来ませんでしたが、段々とスタッフに対して彼からコミュニケーションをとるようになっていきました。

寮で一人暮らしを始めてから1ヵ月が経過し、彼は仕事に対しても前向きな気持ちで話しを聞いてくれるようになりました。当センターが提携している仕事を紹介し、軽作業の仕事が決まりました。

彼は現在、当センターを卒業して軽作業に勤めています。今は仕事にもやっと慣れてきて楽しいとスタッフに話していました。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例11

父 (内職)

現在42歳になる息子がいるのですが大学卒業後、まともに働こうともせず、自分は病気だと言い張っていて、まったく働こうとしません。
ここ2年間は、一言も口を聞いてくれなくなってしまいました。
私たちでは、もうどうすることもできません。
こんな息子を救ってくれる支援プログラムはあるのでしょうか?

 

<回答>

彼は実際に当センターでサポートをさせて頂きました。

都内の寮で一人暮らしを始め、掃除や洗濯・料理を担当スタッフの指導のもと、自分自身で行っていきます。彼は体を動かすことが苦手だとスタッフに話していたので、体力作りも含めてスポーツジムを勧め通いだすようになりました。日々一緒に行動を共にすることで、彼は少しずつスタッフに心を開いてくれるようになりました。

仕事の面では「スタッフと一緒に通っていたスポーツジムがとても楽しかったから、ジムに関わることの出来る仕事がしたい。」という彼の希望もあり、いくつかのスポーツジムへ応募しました。後日その中から採用の連絡をいただき、彼は今スポーツジムの受付で働いています。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例12

母 (主婦)

今年45歳になる息子なのですが専門学校卒業後、もう約20年以上家に引きこもっています。
自分の部屋からは、週2回のお風呂と深夜の食事以外出てきません。私と娘も何年も顔すら見ていません。
このままでは、息子の将来がとても心配です。どうにか家を出て自立してほしいと思い、メールをさせていただきました。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

1度ご都合の良い日時にお電話で詳細をお聞かせいただければと思います。

当センターでの相談電話は24時間365日、無料で受け付けておりますのでご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例13

50代 建設業

今年29歳になる息子がいます。
大学卒業後、就職活動がうまくいかず、4年間引きこもっています。
二階の自分の部屋では、携帯を使っていて、一階に下りてくるのは、お風呂、食事、パソコンの時だけです。
暴力などはないのですが、人と話すのが苦手です。
どうにか就職活動をもう一度して、社会に出て自立してほしいと思います。

 

<回答>

彼は実際に当センターでサポートさせていただきました。

「就職活動がうまくいかず、自分に自信をもつことが出来なくなった。人と話すことも苦手だがら辛い。」と家で話していたとお父様から聞いたので、少しでも人と関わることに慣れるように担当スタッフ4名で対応して様子を見ることにしました。最初は口数も少なかったのですが、毎日違うスタッフと様々な話しをすることによって会話のキャッチボールが出来るようになっていきました。

仕事の面では自信をもって面接へ行けるように、声の大きさ・姿勢など細かいところも意識した面接練習を行いました。練習を積み重ねた結果、面接当日は自信とやる気に満ち溢れた表情でセンターへ来た頃の彼とは別人かのように輝いていました。

彼は見事採用が決まり、今月末から医療事務で契約社員として働くことが決まっています。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。 24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例14

父 (会社員)

34歳の息子のことです。
32歳までは、仕事をしていたのですが、急に仕事を辞め、ここ2年くらい仕事をしていません。
今は昼夜が逆転していて、夕方に起きてゲームとネットばかりしています。仕事の話すると私に物を投げてきたり、物で叩いたりしてきます。もうこのまま我慢して生きていく事は、出来ません。
なんとか仕事をしていた息子に戻ってほしい願っています。

 

<回答>

彼は実際に当センターでサポートさせていただきました。

東京での生活が始まってから、まずは寮の近くを散歩して少しずつ環境に慣れていきました。スーパーへ食材を買いに行き、調理スタッフの指導のもと簡単な料理から覚えていきました。一緒に料理をしたり散歩をする時間の中で、彼は徐々にスタッフへ心を開いて自ら話しをしてくれるようになっていきました。

仕事の面でも前向きに話を聞いてくれるようになり、様々な職種についてインターネットで調べ、してみたい仕事を見つけていきました。

現在は書店で仕事をしていますが、卒業後は実家に戻り「しっかり仕事を続けて、家族との時間も大切にする」と話しています。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例15

母 (専業主婦)

今年40歳になる息子のことなんですが、大学を卒業してほとんど働くことなく、家に17年くらい引きこもっています。
最近になって暴力はなくなってきましたが、7~8年前は家の物を壊したり旦那の首を絞めるなど、私にもたくさんの暴言を言ってきました。今は治まっているのですが、いつまた始まるか分からず怯えて生活しています。

どうか助けてください。

 

<回答>

彼は実際に当センターでサポートさせていただきました。

来た当初はスタッフにも反抗的でコミュニケーションをとることも難しかったのですが、まずは基本的な規則正しい生活を送れるようにとスタッフも毎日根気強くサポートしました。

寮生活を始めて1週間程が経過した頃から落ち着いてスタッフともコミュニケーションをとれるようになり、少しずつ家事も覚え、身の回りのことは自分自身でこなすことが出来るようになっていました。それからは体力をつけるためにスポーツジムへ行ったり、毎日ジョギングも行いました。当センターに来て1ヶ月が経った頃には会話も増え、彼の表情も明るくなっていました。

彼は当センターの寮で生活をしていた時から飲食店のアルバイトをしていたのですが、当センターを卒業して半年が経った頃にスタッフへ連絡があり、努力が認められて正社員に昇格することが出来たと嬉しい報告もいただきました。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例16

姉 (事務員)

私には3つ年が離れている弟がいます。
弟は大学を休学しながらも5年かけて卒業しました。しばらく経ってからおもちゃ関係の仕事に就くことができましたが、突然会社を辞めて実家に戻ってきてしまい、3年間引きこもっています。昼夜が逆転していて両親に暴力を振るうのは、時間の問題だと感じています。
どうか両親に手を出す前に弟を社会復帰させて下さい。お願いします。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

1度ご都合の良い日時にお電話で詳細をお聞かせいただければと思います。

当センターでの相談電話は24時間365日、無料で受け付けておりますのでご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例17

母 (パート)

今年28歳の息子のことです。
高校卒業後専門学校に入学したんですが、半年で辞めてしまいました。その後アルバイトをしたのですがすぐに辞めてしまい今までずっと引きこもって、部屋で本ばかり読んでいます。
暴力・暴言もなく、ここ4年くらいは会話もありません。もう私たちではどうするころも出来ません。
なんとか息子を社会復帰させて下さい…

 

<回答>

彼は実際に当センターでサポートさせていただきました。

都内での一人暮らしがスタートしてから、まずはスタッフとコミュニケーションをとることと、東京での寮生活に慣れることからスタートしました。家事の他にもスタッフと一緒に寮の近くにあるプールへ通い、運動も取り入れていきました。当センターに来て1ヶ月が経った頃にはすっかり東京での生活にも慣れ、スタッフに対しても心を開いて本音を話してくれるようになりました。

仕事の面では「小さい頃から本が好きだから、本屋さんに興味がある」と話してくれました。面接に向けて自信がつくように毎晩スタッフと面接練習を行いました。

彼は当センターを卒業して3ヶ月近く経ちますが、担当スタッフと頻繁に連絡を取り合う仲になっており、「やっと仕事にも慣れてきて楽しく仕事が出来ている。趣味を仕事に出来て良かった。」と話していました。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例18

母 (主婦)

引き籠もっている娘について相談です。
高校2年生の時に不登校になり現在31歳で家に引きこもっています。就労経験はなく10年ほど外出はコンビニに買い物に行く程度でしたが、
家事を手伝ってくれていたので昔は私たちはそれで少しずつ前を向いてくれればそれでいいと思っていました。
しかしある時いきなり家事の手伝いもしなくなり、家の物を壊すようになりました。それから最近は両親に対して暴力をふるうようになりました。あと一年もすれば旦那は定年退職で年金生活が始まり、娘の生活を支えることも難しくなっていきます。
しかし就労経験もなく今の娘に仕事をやれと言っても聞く耳をもたないし例え面接に行ってくれても採用されると思いません。
もうどうすればいいかわかりません。

 

<回答>

彼女は実際に当センターでサポートさせていただきました。

都内での寮生活が始まってから新しい環境に少しずつ慣れていくために、買い物へ行ったり一緒に料理を始めました。最初はスタッフと一緒にいても全く口を開くことも無く話しかけても頷くだけだったのですが、それでもスタッフが毎日訪問して話をしているうちに少しずつ心を開き、彼女の方からも話をしてくれるようになりました。仕事は接客は苦手で裏仕事がいいという彼女の希望もあり、軽作業の求人を一緒に探して様々な会社に応募をしました。

彼女は今当センターを卒業して実家へ戻り、自宅から職場へ通いながら生活を送っています。スタッフと時々連絡をとっている中で「以前とは比べ物にならないくらい家族の仲も深まった。仕事も順調です。」と話していました。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例19

20代 会社員

兄(33歳)は外出はしますが、家族を含め人と会話することがありません。両親も毎日挨拶をしていますが嫌な顔をします。10代の頃は少ないですが会話はありました。その後、挨拶だけになりここ2年は挨拶もなく全く会話がありません。両親も話しかける努力はしていますが年々兄の反応は悪くなる一方です。
私は実家を離れていますが、実家に帰るたび親の悲しんでいる姿が苦しく、本人も苦しい思いの中だと思いますので、どうにかしたいと思っています。何年間も葛藤してきましたが悪くなるばかりで、どうすることが一番良いのか分かりません。仕事もしていません。
何か少しでも改善できるようアドバイスを頂ければと思います。

 

 

<回答>

妹様からご相談をいただいた後日、ご両親からご依頼をお受けし3日後にスタッフ数名で彼のご自宅へお伺いして話をしました。

スタッフから彼にセンターでのサポート内容などを詳しく説明をし、最終的にはセンターでの内容を理解してくれました。寮生活が始まってからは一人の時間をできるだけ減らし、外出をしながら少しづつ外での環境に慣れることから始めていきました。スタッフと一緒にボランティア活動にも参加をし、回数を重ねていくうちに他の参加者ともコミュニケーションをとることが出来るようになっていきました。

仕事面ではあまり接客ではない仕事がいいという本人の希望もあり、軽作業の契約社員として採用されることが決まりました。彼は現在は都内で一人暮らしをしながら職場へ通っています。スタッフとも頻繁に連絡をとり、仕事の愚痴や他愛もない話をして盛り上がっています。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

 

相談例20

母 (パート)

娘の相談です。

去年の6月を最後にずっと家に閉じこもってます。パート、派遣、バイトとどれも長続きせず今じゃ仕事に就くのが怖いと言い部屋からもでれなくなってしまっています。自主的に辞めたことは一度もなく、企業側から「やめてくれ」と言われやめています。
新しい仕事に就く度に前回した失敗はしないように心がけてはいるようですが、ミスばかり連発するようですぐクビになり、また働くのが怖いと言う繰り返しです。このままの状態を続けてほしくないです。
どんな仕事が向いているのかもわかりませんし、本人は仕事をやる気力がもうないです
どうかお願いします。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

一度お電話にて詳しいお話をお聞かせいただければと思います。相談電話は24時間無料で受け付けておりますので、ご連絡お待ちしております。

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>


1 / 912345...最後 »


社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口