PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

相談例233

息子の引きこもり(ニート歴?)が長期化しています。

現在33歳になりますが一度も仕事に就いたことがありません。高校を卒業してから就職先を探すと言っていたのですが、全くその様子は見受けられません。

もともと内気な性格でもあり、友達も少なかったかと思います。家の中では普通に会話も出来るのですが、ここ最近は夫も息子にあきれており仕事の話も全くしなくなってしまいました。

私もどうしていいのか分からないのですが、何とか息子のためにと思い相談しました。

 

<回答>

お母様からご相談のお電話をお受けし、後日ご両親で当センターへ来所していただいて支援内容やご費用の面でご相談した結果、ご依頼となった事例になります。

お引き取り当日、スタッフ数名で彼のご自宅へお伺いして話をしました。当センターについて説明すると、彼は「仕事をしていなかったのは自分だし、変わらなきゃと思っていた…」と、今の気持ちを打ち明けてくれたので、毎日スタッフが訪問をしてしっかりサポートをして、仕事の面でも自分にあった仕事を探していこうとをお伝えすると、支援内容を受け入れて東京で寮生活をしていくことを受け入れてくれました。

東京での寮生活が始まってからは、1人暮らしの生活に慣れることからスタートしていきました。家では家事全般をほとんどしたことがなかったと話していたので、スタッフが洗濯の回し方や掃除の仕方を細かく指導していきました。少しずつ家事も覚えて彼の気持ちにも余裕がでてきてからは、都内の観光をしたりしてスタッフとの距離も縮めていきました。他にも天気がいい日には運動をしたり散歩へ出掛けたりする時間の中で笑顔も増え、少しずつスタッフに心を許して話しをしてくれるようになり、笑顔も増えていきました。

彼は現在も寮で生活をしながら当センターが提携している仕事先で清掃のアルバイトをしています。今後は彼の希望に沿った仕事を探しながら他の職種にも挑戦する予定になっています。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>



社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口