PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

相談例270

28歳の娘が8年前から引きこもっています。

高校を卒業してから2年間は実家を出て、1人暮らしをしながら専門学校に通っていましたが、卒業と同時に実家に戻ってきて8年目になります。専門時代に「友達関係が上手くいっていない。卒業出来ないかもしれない。」と何回も相談がありましたが、なんとか卒業しました。

それ以降は、家族以外の人と会話をすることがほとんど無く、今でも当時のいじめを事を引きずっているのだと思います。

どうしたらよろしいでしょうか。

 

<回答>

ご両親からご依頼をお受けした1週間後、当センターのスタッフ数名で彼女の家を訪問させていただきました。彼女はスタッフの話は聞いてくれたものの、「センターには行きたくない。自分の実家に居たいし家族と離れたくない。」の一点張りで納得がいかない様子でした。

しかし、両親とスタッフで時間をかけて丁寧に説明し、最後は彼女のほうから「頑張ってみます…」と、受け入れてくれました。

都内での寮生活がスタートすると、環境が変わった事がきっかけとなり、近場ではありますが積極的に外出をするようになりました。東京での環境に慣れていただいてからは、調理スタッフの指導のもとで自炊も取り入れていきました。少しずつスタッフとの距離も縮まり、実家で見た彼女とは別人に思うほど、表情も柔らかくなり笑顔も生き生きとしていました。

彼女は保育の専門学校を卒業しており、現在は当センターを卒業して、保育士として立派に働いています。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>



社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口