PAGE TOP

一般労働派遣事業 派13-306463

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中

tel:0120-105-605

相談例


相談例221

母 (会社員)

30歳になる息子がいます。

高校卒業後専門学校に行く予定でしたが行けなくなり、その後私がネットで仕事先を探して寮に入居して仕事をしましたが、1年が経つ頃に実家へ帰って来て仕事に行かなくなり、退職することになりました。

少しは社会勉強をして成長したと思っていましたが、それからは仕事を探すことも無く家でずっとゲームをしている毎日です。

無料相談とありましたのでメールさせていただきました。

やっと成人になりこれからは少しは楽が出来ると思っていましたが学費の支払いも残っており、子供には自立して欲しいのですが費用が心配です。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

一度お電話にて詳しいお話を聞かせていただけますでしょうか?

当センターは24時間365日、無料でご相談を受け付けておりますので、ご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

 

相談例222

姉 (主婦)

35歳になった弟の事でご相談です。

高校を中退してから今まで引きこもり状態が続いています。弟は母とは会話もあり外出しますが、父とは全く話そうとせずに避けており私も顔を合わせる事が出来ない状態です。

これまで何度も両親に何とかして欲しいと頼んでも、いつか変わってくれるはずだから…と言って何も行動してくれません。市の相談窓口・カウンセリング・セミナーなどには数回行きましたが、何も変化がありません。どうしたらよろしいでしょうか?

 

<回答>

お姉様からご相談のお電話をいただき、後日センターへご来所されて面談をさせていただいた事例になります。

弟様の詳しいお話をお聞きしたうえで、当センターの支援の流れ・活動内容をご説明して寮の部屋の中・料理教室・ボランティア活動等の資料や写真をご覧いただきました。

支援内容に満足していただき、一度ご両親と話し合いをした後あらためてご連絡をいただくこととなりました。

当センターではお電話でのご相談と実際にご来所されてのご面談は何度でも無料でさせていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例223

本人

25歳女性です。

自分の事で相談させていただきます。高校を卒業してからカフェの契約社員として働いていましたが、人員調整で辞めざるを得なくなってしまい、1年半ほどで辞めました。

せっかく働きたいと思っていた就職先に就けたのに、辞めることになってからはやる気が全く無くなってしまい、就職活動も出来ていない状態です。

自分が行動しなければと思う気持ちはありますが、どうしたらよろしいでしょうか…。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

一度お電話にて詳しいお話を聞かせていただけますでしょうか?

当センターは24時間365日、無料でご相談を受け付けておりますので、ご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例224

父 (会社員)

息子の暴力がひどく困っています。

現在19歳ですが、高校2年の頃から物を壊したり投げたりするようになり、ここ最近は暴力を振るうようになってしまいました。家族みんなが息子のことを怒らせないよう、怯えながら生活しているのが現状です。

これから先どうしたらいいのか分かりません。毎日怯えながらの生活にも疲れてしまいました。家庭内暴力の相談も受け付けているのでしょうか?

 

<回答>

お父様からご相談のお電話をいただき、後日センターへご来所されて面談をさせていただいた事例になります。

息子様の詳しいお話をお聞きしたうえで、当センターの支援の流れ・活動内容をご説明して寮の部屋の中・料理教室・ボランティア活動等の資料や写真をご覧いただきました。

お父様から「息子の自立のためにも環境を変えてあげたい。」と支援内容に満足していただき、一度奥様と話し合いをした後、あらためてご連絡をいただくこととなりました。

当センターではお電話でのご相談と実際にご来所されてのご面談は何度でも無料でさせていただいており、引きこもりのご相談だけでなく、家庭内暴力のご相談も受け付けております。お気軽にご連絡ください。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例225

母 (事務員)

高1の娘が10月末から頭痛・体調不良で休みだし、そのまま学校へ行けなくなってしまいました。冬休みは友達に会ったり遊びに出掛けていましたが、年明けから部屋にこもるようになりました。
原因は学校だと思いますが、もともと家庭の問題もあり夫とは離婚しました。そのことでも娘には辛い思いをさせてしまっていたと思います。娘は私に学校での悩み事など一度も相談してきたことがありません…

どうか助けていただきたいと思い、相談させていただきました。

 

<回答>

お母様からご相談のお電話をお受けし、後日ご両親で当センターへ来所していただいて支援内容やご費用の面でご相談した結果、ご依頼となった事例になります。

お引き取り当日、主に女性スタッフがメインで彼女のご自宅へお伺いして話をしました。当センターについて説明すると、彼女は「誰にも相談できなかった。」と話してくれたので、毎日スタッフが訪問していく中でしっかりサポートをしていくので安心してほしい・スタッフと思わず友達感覚で何でも話せる関係になっていきたいとお伝えすると、支援内容を受け入れてくれました。

都内での寮生活が始まってからは、親元を離れて1人暮らしの生活に慣れることからスタートしていきました。寮周辺の散歩も含めてスーパーへ食材を買いに行き、家では自炊をするように心掛けました。調理担当スタッフの指導のもとで健康的な食事を摂取出来るように、野菜を多く使った様々な種類の料理も出来るようになりました。他にも彼女の希望でクリスマスにケーキを作ったりと、お菓子作りにも挑戦しました。その中で彼女は担当スタッフに対して、少しずつ心を開いて自分の話をしてくれるようになりました。

彼女は現在も寮で生活をしながら、当センターが提携している仕事先で軽作業のアルバイトをしています。

 

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例226

本人 

37歳、自身の相談をさせていただきます。

7年前に10年間勤めていた会社を辞めました。原因はたくさんありますが、一番は転職したいという気持ちが大きかったからです。ですが、辞めてからは思ったとおりに就職活動が上手くいかず、次第に面接へ行くことも出来なくなってしまいました。今は実家暮らしで自営業を手伝っています。

このままでは駄目だと分かっていても、どうしていいのか分かりません。ご相談にのっていただけますか?

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

一度お電話にて詳しいお話を聞かせていただけますでしょうか?

当センターは24時間365日、無料でご相談を受け付けておりますので、ご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例227

父 (公務員)

4年前から引きこもり生活が続いている息子のことで相談させていただきます。

今は実家の隣にある空き部屋で暮らしているのですが、最近は顔も合わせていません。毎月妻が3万円ほどのお金を渡しており、そのお金で生活しています。

今年で33歳になりますが、仕事を探している様子も見られません。手におえない状況に困っています。

どうしたらよろしいでしょうか?

 

<回答>

ご両親からご依頼をお受けし、後日スタッフ数名で彼のご自宅へお伺いして話をしました。

スタッフがサポートの内容を詳しく説明し、卒業後も半永久的にアフターケアを徹底して行っていることをお伝えすると、本人も納得してサポートを受け入れてくれ、一緒に都内にある寮へ向かいました。

寮で1人暮らしをしていくにあたって自炊を心掛けていただきたいので、まずは料理を覚えることから始めていきました。スーパーへ食材を買いに行き、調理担当スタッフの指導のもとで料理をこなしていきました。以前、1人暮らしをしていた時は毎日コンビニでご飯を買っていたと話しており、健康のためにも自炊をしていきましょうとお伝えすると、「頑張ります。」と前向きな様子で取り組んでいただけました。

スタッフと毎日顔を合わせて一緒に過ごす時間が増えると同時に、彼もスタッフを頼って自ら話をしたり頼ってくれるようになりました。仕事に対しても少しずつ前向きになっていき、彼から清掃の仕事をしてみたいという希望があったのでいくつかご紹介し、後日その中から採用の連絡がありました。まずは1日3時間の勤務でスタートし、今後は時間を増やしながら様子をみていく予定です。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例228

叔母 (専業主婦)

引きこもりの孫に悩んでおります。

現在20歳、高校を中退してからは毎日のように部屋に引きこもっています。部屋から出てくるのは入浴やトイレ、ご飯の時だけです。食事をする時も会話があるわけではありません。

どうしたら孫に寄り添うことが出来るのか…毎日頭を抱えながら生活しています。

両親は共働きで孫と向き合って話もできていないと思います。

何とかしたいと思い、相談できる方も周りにいないので、こちらに相談させていただきました。どうかよろしくお願いします。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

一度お電話にて詳しいお話を聞かせていただけますでしょうか?

当センターは24時間365日、無料でご相談を受け付けておりますので、ご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例229

母 (自営業)

現在40歳になる息子が引きこもりのまま、自立出来ない現状が続いています。

以前はアルバイトや契約社員ではありますが、いくつか仕事はしていました。

ですが毎回3年以上は続かずに、私も知らない間に辞めています。昔は辞めてもすぐに新しい仕事を探して働いていたのであまり心配はしていなかったのですが、ここ5年以上仕事にも就かず家に引きこもっているため、どうしたら良いのか分かりません。

アルバイトでも構わないのでしっかりと働いてほしいのが願いです。このような相談でも大丈夫でしょうか?

 

<回答>

彼は実際に当センターでサポートさせていただきました。

センターに来た当初はずっと暗い表情で笑顔も無かったので、まずはスタッフとコミュニケーションをとることと、東京での寮生活に慣れることからスタートしました。

家事や自炊など身の回りのことはもちろんですが、それ以外にもスタッフと一緒に寮の近くにあるスポーツジムへ通い、運動も取り入れていきました。当センターに来て2週間が経った頃には東京での生活にも慣れ、スタッフに対しても少しずつ心を開いて会話をしてくれるようになりました。

仕事の面でも前向きにスタッフの話しを受け入れ、現在は飲食店のキッチンで働いています。仕事が辛くて何度も挫けそうになっていましたが、休日にはスタッフと食事へ行ったり買い物をして過ごしていくうちに、「やっと仕事にも慣れてきて楽しく仕事が出来ている。本当にありがとうございました。」と嬉しいお言葉もいただきました。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

 

相談例230

兄 (会社員)

現在23歳の弟が引きこもり5年目になります。

高校を卒業してから一度も働かず、最近は部屋からも全く出てこなくなってしまい、ご飯もあまり食べなくなってしまいました。

私は結婚して家を出て、月に2回ほど実家へ戻りコミュニケーションをとるようにしていますが、全く上手くいきません。両親も心配して部屋に様子を見に行っていましたが、ただ良くなることを祈ることしか出来ません。

どこに相談したらいいのかもわかりません。助けてください。

弟を何とかしてあげたいです。

 

<回答>

お兄様からご相談のお電話をいただき、ご両親からの承諾も得た上でご依頼となった事例になります。

スタッフ数名で彼のご自宅へお伺いして話をしていくなかで、彼は「人間関係で上手くいかないことがあるとすぐネガティブになってしまう…」とスタッフに話してくれました。センターのスタッフが毎日訪問するので悩み事や愚痴があれば気軽に相談して戴き、年齢の近いスタッフもいるので友達感覚で何でも話せる関係になっていきたいとお伝えすると、安心した表情に変わり、都内の寮で生活することを受け入れてくれました。

寮生活が始まってからは自分で外出できるようになるため、スーパーへ一緒に買い物へ行くなどして、少しずつ慣れていけるように練習を行いました。何度か一緒に外出を繰り返していくうちに彼は一人で買い物に出掛けることが出来るようになりました。午前中からスタッフとスポーツジムへ行って体を鍛えたり、自炊も始め、調理担当スタッフの指導のもとで徐々に手付きも慣れていき、簡単な料理はすぐ出来るように成長しました。

彼は現在週に3回・5時間の清掃業をしています。今後は時間を増やして働く予定です。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

 

相談例231

妹 (OL)

姉の家庭内暴力に困っています。

現在、姉は29歳で無職です。美容の専門学校を卒業したのですが、上手く行かずに今の状態が続いています。

仕事の話をすると、家の家具を壊したり物を投げてきます。最近は髪の毛を引っ張ったり、通りすがりに足を蹴ってきます。両親は姉に呆れて何も言いません。

私も何も言えないまま毎日を過ごしていますが、家にいることがストレスになってきました…。どうか家族を助けてください。よろしくお願いします。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

一度お電話にて詳しいお話を聞かせていただけますでしょうか?

当センターは24時間365日、無料でご相談を受け付けておりますので、ご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例232

本人

30歳の本人です。

私は去年、鬱病と診断されました。職場での人間が上手くいかず、毎日明日のことを考えるだけで涙が出てしまいます。

先月退職をしたのですが、何もかも怖くなってしまい外出をすることも出来なくなってしまいました。これから先の将来のことを考えると、自分がどうしたらいいのか、どうしたいのかも分かりません。

今は貯金を使って生活をしていますが、両親に迷惑もかけたくありません。友人もあまりいないので相談する相手もいません。

どうかアドバイスなどあればよろしくお願いします。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

一度お電話にて詳しいお話を聞かせていただけますでしょうか?

当センターは24時間365日、無料でご相談を受け付けておりますので、ご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例233

母 (パート)

息子の引きこもり(ニート歴?)が長期化しています。

現在33歳になりますが一度も仕事に就いたことがありません。高校を卒業してから就職先を探すと言っていたのですが、全くその様子は見受けられません。

もともと内気な性格でもあり、友達も少なかったかと思います。家の中では普通に会話も出来るのですが、ここ最近は夫も息子にあきれており仕事の話も全くしなくなってしまいました。

私もどうしていいのか分からないのですが、何とか息子のためにと思い相談しました。

 

<回答>

お母様からご相談のお電話をお受けし、後日ご両親で当センターへ来所していただいて支援内容やご費用の面でご相談した結果、ご依頼となった事例になります。

お引き取り当日、スタッフ数名で彼のご自宅へお伺いして話をしました。当センターについて説明すると、彼は「仕事をしていなかったのは自分だし、変わらなきゃと思っていた…」と、今の気持ちを打ち明けてくれたので、毎日スタッフが訪問をしてしっかりサポートをして、仕事の面でも自分にあった仕事を探していこうとをお伝えすると、支援内容を受け入れて東京で寮生活をしていくことを受け入れてくれました。

東京での寮生活が始まってからは、1人暮らしの生活に慣れることからスタートしていきました。家では家事全般をほとんどしたことがなかったと話していたので、スタッフが洗濯の回し方や掃除の仕方を細かく指導していきました。少しずつ家事も覚えて彼の気持ちにも余裕がでてきてからは、都内の観光をしたりしてスタッフとの距離も縮めていきました。他にも天気がいい日には運動をしたり散歩へ出掛けたりする時間の中で笑顔も増え、少しずつスタッフに心を許して話しをしてくれるようになり、笑顔も増えていきました。

彼は現在も寮で生活をしながら当センターが提携している仕事先で清掃のアルバイトをしています。今後は彼の希望に沿った仕事を探しながら他の職種にも挑戦する予定になっています。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例234

母 (ネイリスト)

24歳の息子のことで相談させていただきます。

高校を中退してから日に日に部屋に引きこもるようになってしまい、最近は会話も減ってしまいました。食事は一緒に摂っていますが、仕事の話をすると顔が暗くなってしまい食事もやめてしまうため、最近は仕事の話はしていないです。

仕事の話をしていない時は普通に会話も出来て、家事の手伝いもしてくれます。

アルバイトでも派遣でも構わないので、仕事をして自分でお金を稼ぐことの大切さを分かってもらいたいです。よろしくお願いします。

 

<回答>

お母様からご相談のお電話を頂き、後日ご両親が当センターに来所されてご依頼となりました。

数日後、スタッフ数名で彼のご自宅へ伺い話をしました。彼は口数はとても少なかったのですが「高校を辞めたのはいじめが原因だったからです…」と話してくれました。

都内での寮生活が始まってからは、自分のペースで1人暮らしの環境に慣れていきながら、様々な活動を一緒にしていこうとお誘いしました。一緒にスポーツジムへ行ったりボランティア活動にも参加をして、人が多くいるところにも慣れていただきました。最初の頃は口数も少なく笑顔も見られなかったのですが、一緒に行動しているうちにスタッフに対する緊張感もなくなり、心の距離も縮まっていきました。

仕事の面では、今まで仕事をしてこなかったので面接から不安という相談があったため、面接練習を毎日行いました。姿勢・声の大きさ・質問に対する答え方も指導していきながら、彼がプレッシャーで息詰まらないように食事へ行って息抜きもしながら過ごしました。

彼は現在、当センターを卒業して都内で1人暮らしをしながら飲食店で働いています。スタッフとも頻繁に連絡を取りながら近況報告をしていますが、彼は「今の仕事は人間関係がとても良くて友達も出来ました!頑張っていけそうです」と、嬉しそうに話していました。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例235

本人

仕事が続かなくて悩んでいます。

今年で27歳になりましたが1年以上仕事が続いたことがありません。アパレルや飲食店・コンビニでも働いたことはありますが、人間関係が苦手でどうしたらいいのか途方に暮れています。

正社員にもなったことがなく、アルバイトや派遣を転々としていましたが、ここ2年間は無職です。

情けないことは自分でも分かっているのですが助けてください。よろしくお願いします。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

一度お電話にて詳しいお話を聞かせていただけますでしょうか?

当センターは24時間365日、無料でご相談を受け付けておりますので、ご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例236

父 (会社員)

36歳になる息子のことで相談させていただきます。

大学を途中で辞めてから今日まで一度も仕事をしたことがありません。高校・大学時代は毎月お小遣いを渡して、勉強に専念出来るようにアルバイトは禁止していました。

大学を辞めた原因も詳しく分かっていませんが、勉強についていけなくなったのかと思います。

どう背中を押してあげれば息子が行動してくれるか…毎日頭を抱えています。どうかよろしくお願いします。

 

<回答>

お父様からご相談のお電話をいただき詳しくお話を聞いた後、お母様からの承諾も得た上でご依頼となった事例になります。

スタッフ数名で彼のご自宅へお伺いすると、部屋に閉じこもり出てこようとしませんでしたが、最初はご両親から私たちのセンターについて簡単に説明をしていただき、その後スタッフで部屋の中へ入り、詳しく話しをしていきました。

彼は「アルバイトも一度もしたことがないのに、今更仕事なんて出来ないと思う…」とスタッフに打ち明けてくれました。センターのスタッフが毎日訪問するので少しずつ東京の環境に慣れていきながら、悩み事や愚痴があれば気軽に相談して戴き、仕事面も徹底的にサポートしていくことをお伝えすると、寮で生活することを受け入れてくれました。

都内での寮生活が始まってから、最初は環境に慣れるために都内を観光したり、寮の周辺を散歩しました。また、規則正しい生活を送れるように、午前中からスタッフとジムへ行って体を鍛え、調理担当スタッフの指導のもとで自炊も始めていきました。

仕事の面では面接指導を行いながらいくつか軽作業に応募をし、後日応募した軽作業から採用の連絡をいただきました。現在も寮で生活をしながら週4日・5時間勤務で体を慣らしながら仕事をしています。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例237

弟 (自営業)

現在40歳、兄の引きこもりに悩んでいます。

兄は高校時代、部員からいじめられたことが原因で人付き合いが嫌いになってしまいました。部活は途中で退部し、なんとか高校は卒業しましたが友達は1人もいなかったと思います。

20代・30代はアルバイトや派遣にも挑戦していましたが、上手くいっていません。

もう少し家族が親身になっていればと後悔しています。何かアドバイスがあればお願いします。

 

<回答>

弟様からご相談のお電話をいただいた事例になります。

お電話にてお兄様の状況を詳しくお聞きし、当センターでの支援活動内容をご説明させていただきました。弟様は「もっと詳しく話しを聞いて、費用面も相談したい。」ということで、日程をお決めして当センターへ足を運んでいただき、より具体的なご説明をさせていただきました。

実際に寮のモデルルームも見学していただくと、弟様から「こんな綺麗な寮に住めて生活用品も揃っているなら安心できる。」と、寮も気に入っていただけました。

ご両親にも話しをして、是非お願いしたいとお電話をいただいてご契約となりました。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>

相談例238

姉 (美容師)

妹の引きこもりが心配で、こちらに相談させていただきます。

妹が22歳で私(姉)は27歳です。妹とは小さい頃から仲が良く、一緒にデパートへ行って洋服を選びあったり食事へ行ったりもしていました。

妹は高校を卒業してからアパレル店員として働いていましたが、人間関係が上手くいかずに半年で辞めてしまいました。それからは仕事に対して前向きになることが出来ず、以前のような明るい性格の妹では無くなってしまいました。

両親は時間が解決してくれると思っているらしく、強力してくれないので困っています。相談にのっていただきたいです。

 

<回答>

メールを拝読させていただきました。

一度お電話にて詳しいお話を聞かせていただけますでしょうか?

当センターは24時間365日、無料でご相談を受け付けておりますので、ご連絡お待ちしております。

 

 

ご家族の引きこもりにお困りの方は御気軽に社会復帰支援センターまでご相談ください。

24時間対応しております。

引きこもりご本人様の支援とそのご家族様のサポートを全力でさせて頂きます。

社会復帰支援センター

東京都港区芝公園3-1-13 アーバン芝公園2F

TEL0120-105-605

FAX03-6450-1774

mail<info@sfss.jp>


12 / 12« 先頭...89101112


社会復帰支援センターだから出来る事

人には見えない
家族の引きこもり

限界を超える前に
手を差し伸べてください。

夜はしっかり寝れていますか?
家族に対しての愛情は残っていますか?

今ならまだ間に合います。
私たちが家族の将来の立て直しをお約束します。

多くの人を自立させた実績を
証明いたします。

ご家族の事だけに、身内だけでの解決は非常に難しい問題です。

「今」の解決ではなく、
最適適切な支援のもと
「根本的」な解決をお約束します!

信頼と実績のある当センターの専門スタッフが解決します!

まずはお気軽にご相談下さい



24時間受付

日本全国相談無料窓口

引きこもりでお悩みの方々の相談ダイヤル

0120-105-605

24時間メールでも受付中


24時間 日本全国無料相談窓口